日本通信から「SIMフリー」のアンドロイド携帯

印刷

   日本通信は2010年12月22日、米グーグルが開発した基本ソフト「アンドロイド」を搭載したスマートフォンの発売を発表した。

   利用する通信事業者を問わない「SIMフリー」なのが特徴で、同社が11年1月中旬にサービス開始を予定しているIP電話を使用することで、端末価格や月額の基本料金を抑えた。

   発表資料によると、端末価格は2万6800円。定額データ通信と通話基本料を合わせた月額負担は2973円となり、スマートフォンとしては割安。「お小遣いで持てるスマートフォン」と位置づけ売り込みを図る。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中