「大桃さんにハッキリ言えなかった」  山路徹さん、会見で「不倫騒動」語る

印刷

   タレントの大桃美代子さんがツイッターで、前夫でAPF通信社代表の山路徹さんとタレント麻木久仁子さんの「不倫」を暴露してから1週間。公の場で詳細を語っていなかった山路さんが2010年12月26日、記者会見を開いた。

   麻木さんとの交際は、2004年ごろからスタート。当時大桃さんと婚姻関係にあったものの、お互いのコミュニケーション不足から「気持ちが麻木さんに傾いていった」と言う。だが離婚の際に、麻木さんの存在について説明しなかった山路さん。「大桃さんにハッキリ言えなかった」とわびた。

「それは不倫と言うのでしょうね」

   山路さんの会見は「ユーストリーム」などインターネットで生中継された。冒頭で「このたびはご迷惑をおかけして申し訳ありません」と謝罪。麻木さんと結婚していたことについて「事実です」としたうえで、1か月前に離婚していたことも認めた。

   山路さんは03年に大桃さんと結婚したが、麻木さんと交際をスタートさせたのは04年ごろ。当時大桃さんは仕事が多忙なのに加えて05年には韓国に短期留学。山路さんにとっては「コミュニケーションがとれなくなっていた」と感じる一方で、仕事上での付き合いから食事を共にする機会が増えた麻木さんに気持ちが移っていったという。その関係について山路さんは「不倫ではなくて…」と言いかけたが「それは不倫と言うのでしょうね」と認めた。ただ「麻木さんから離婚を迫られたなどということは一切なく、自分が麻木さんにひかれた」と強調した。

   一方で大桃さんに対しては「自分の言葉で伝えることができなかった」と、麻木さんとの関係を隠した形で離婚したことを認め、「残酷な沈黙になってしまった」「大変罪作りなことをした」と表現した。山路さんは、大桃さんと離婚後も仕事上の付き合いはあったというが、「真実」を伝えるタイミングがなかったと弁解。大桃さんは、12月19日にツイッターで「爆弾発言」する直前まで、山路さんと麻木さんの関係を知らされていなかった模様だ。

金銭的な支援は受けたが高級車乗っていない

   「大桃発言」の後、最初に会見したのは麻木さんだった。12月22日に報道陣に対して、過去に山路さんと交際していたことを認めた。だが交際時は、大桃さんと山路さんの結婚生活が破たんしていたと理解していたことを強調。さらに、その後山路さんと結婚したかについては、その事実を否定する発言をしていた。ところが、大桃さんが24日に開いた会見で麻木さんに反論。2人が婚姻関係にあったと聞かされていたと「バラした」のだ。すると麻木さんは一転、数時間後にマスコミ各社にファクスで、山路さんとの関係について「婚姻関係にあったとのことについては、事実であり否定するものではありません」と前言撤回。自身の会見で「ウソ」をついた格好となってしまった。

   麻木さんと結婚した時期について山路さんは「麻木さんサイドが後日説明する、と話しているので今は言えない」と回答を避けた。ただ、麻木さんと同居していた事実はないと明言した。

   さらに山路さんは、仕事上で麻木さんから金銭的な支援を受けていたことに触れた。金額については明かさなかったが、「一部で報道されているように、BMWなど高級車に乗っていたわけではなく、国産車です」と説明した。

   今回の「騒動」が起きた後、大桃さんや麻木さんには会っていないと山路さん。随所で「自分がすべて悪い」と繰り返して、会見を終えた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中