人口自然減10万人超え 厚労省推計

印刷

   厚生労働省は2011年1月1日、10年の人口動態統計の年間推計を発表した。出生数から死亡数を差し引いた自然増減は、12万3000人のマイナスとなり、減少数で戦後最多となった。自然減が10万人を超えるのは初めて。

   10年の出生数は107万1000人で前年を1000人上回ったが、死亡数が119万4000人と、こちらも前年比で5万2000人増えたため、自然減は09年より5万1000人多くなった。自然減は4年連続となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中