閉鎖危機で行き場失った2ちゃんねらー  避難所「裏2ちゃん」も話題に

印刷

   トラブルによる閉鎖危機で、2ちゃんねらーの行き場がどうなるのかが話題になっている。ねらーの避難所として、「裏2ちゃんねる」もあるが…。

   トラブルから5日経ったものの、2ちゃんねるは2011年1月11日夕現在も、ニュース速報板などが事実上機能不全の状態が続いている。

「ニコニコに行くしかないのかなぁ」

新たな掲示板もできたが…
新たな掲示板もできたが…

   スレッドは散発的に立っている。しかし、スレ立て権限を持つ記者と呼ばれるユーザーが、更新をストップさせたままなのだ。

「2chが消えたら俺、ハローワーク行くんだ・・・」
「これでやっと就職できます 人生ハジマタwwwwwwwwwwww」

   トラブル後、2ちゃんねるのスレでは、こんな書き込みもみられた。ネタの可能性が濃厚だが、主力となるニュー速板などの機能不全で、ねらーらには困惑も広がっているようだ。

「う~ん ニコニコに行くしかないのかなぁ」
「お前ら信じるんだ 2ちゃんは絶対になくならない」

といった様々な反応がみられる。「痛いニュース(ノ∀`)」「ニュー速VIPブログ(`・ω・´)」などの2ちゃんまとめサイトは、苦戦も予想されたが、ニュー速板の限られた書き込みやほかの板をもとに更新しているようだ。

   そんな中で、ねらーらの避難所として、2年近く前からある掲示板「裏2ちゃんねる」も話題になっている。この騒ぎで、同名の別掲示板も新たに開設され、「2ちゃんがなくなっても私たちはハローワークには行きません。表がなくなっても私たちには裏があります」などとうたわれている。

   こちらの裏2ちゃんは、スレの種類はまだ貧弱なものの、「ニュース速報+」「芸スポ速報+」など2ちゃんと同名の板がある。しかし、肝心の書き込みは、まだ各スレとも数えるほどに留まっている。

   SNSなど、ほかのサイトに2ちゃんねらーらが移っていることはないのか。

「復旧の見通しは立っていないようです」

   ミクシィの日記に目を通すと、「ふざけんなよ俺らの2ちゃんを…」との嘆き節も一部でみられる。しかし、ねらーらの独特な言い回しが分かる日記は少なく、ミクシィユーザーからは厳しい指摘も出ている。その言い回しでは、ほかのサイトには馴染めないし嫌われるといった声から、ねらーらはもっと現実を見ろ、誹謗・中傷が多いので閉鎖すべきという意見もあった。

   ITジャーナリストの井上トシユキさんは、SNSの出現などで多様化している中で、影響は限定的だとみている。

「10年前ですと、交流の場が2ちゃんぐらいしかなかったので、閉鎖危機になったときは大騒ぎになりました。しかし、いまはミクシィやツイッターなど、ほかに行く場所はあります。2ちゃんだけやっている人は珍しく、使い分けをしていると思います。ミクシィなら、アニメのコミュニティに入っているとか。SNSなどの方が面白いと思えばそちらに移るかもしれませんが、2ちゃんには、殺伐としたコミュニケーションの面白さがあるので、復旧すれば戻ってくる人も多いでしょう」

   2ちゃんの今後については、「ニュー速そのものはもう動いていますが、運営側は2ちゃんの構造を変えるかもしれません。サーバーについては、一時的なアクセス増加で動きが鈍くなったと聞いています」と話す。

   なお、2ちゃんのサーバー提供元に関係する国内IT企業のサイト「BIG-server.com」では、取材に対し、「現在も2ちゃんねる掲示板の復旧の見通しは立っていないようです」としながらも、2ちゃんのサーバーがオーダーされたとの情報が入っており、すべて新しいハイブリッドタイプに入れ替わる可能性があるとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中