名門・資生堂社長の条件 14代社長は異色の存在か

印刷

   資生堂の新社長に、末川久幸取締役・執行役員常務の就任が内定した。2011年4月1日に正式に就任する。現在18人いる執行役で、外国人を除くと一番若い51歳(就任時は52歳)。役員の序列では5番目に付けていたが、異例のスピード出世でトップに就く。

   資生堂といえば、福原義春名誉会長や前田新造社長が慶応大出身のためか、「慶応色」が強いように思われるが、前田社長の前任だった池田守男元社長が牧師やキリスト教学校で働く教師の養成を目的とする、日本基督教団立の東京神学大学の出身。末川氏は国際商科大学(現・東京国際大学)の卒業と、慶応大や早稲田大学、東京大学、日本大学といった大学出身者が目立つグローバル企業にあっては異色の存在だ。

12歳若返るスピード出世

資生堂の14代社長に就任することが内定した末川久幸氏
資生堂の14代社長に就任することが内定した末川久幸氏

   資生堂の第14代社長に就任する末川久幸氏は1982年に入社の生え抜き。化粧品専門店の営業担当を皮切りに、営業担当の研修や化粧品事業の戦略立案などの国内化粧品事業を経験。2007年には事業企画部長、08年には執行役員経営企画部長に就任し、前田新造・現社長の「参謀役」として経営の舵を取ってきた。

   米化粧品大手のベアエッセンシャルの買収に携わり、また2011年度からの中期経営計画の策定でも中心的な役割を担った。

   2005年に、業績が低迷していた資生堂の立て直しのため就任した前田社長は代表権のある会長に就任する。前田社長自身が定めた「最大6年」という任期の上限を守り、新年度からは一気に12歳若いトップにバトンを譲る。

   前田社長は、「変化の激しい経営環境ではスピードと行動力が必要」と、末川氏抜擢の理由を話す。

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

投資

   ここ数年、円相場の変動が大きくなり、外国為替証拠金(FX)取引では為替差益を狙う個人投資家が増えているようだ。いまや日本の個人投資家はすでに......続きを読む

PR 2016/6/1

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中