プリペイド携帯のコンビニ扱い打ち切る ソフトバンク

印刷

   ソフトバンクモバイル(SBM)は2011年1月13日、コンビニエンスストアでのプリペイド式携帯電話の販売を、11年2月いっぱいで終了すると発表した。

   一部コンビニで販売されたプリペイド携帯が、不正に契約されたうえに「振り込め詐欺」に悪用されたことが判明したため。携帯電話の販売店やSBMの店舗では、引き続いて新規契約を受け付ける。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中