ブログを一人で1000個開設 でっち上げ記事でアクセス増狙う

印刷

   事件とは無関係の不動産会社を「容疑者の実家だ」とする虚偽の内容をブログに書き込んだ男が、自分でブログを1000も開設していたことが分かった。アフィリエイトで収入を得る目的だったらしいが、どうしてこんな事が可能なのか。

   札幌市で2010年8月に起きた殺傷事件に絡み、北海道警が2011年1月13日、信用毀損の疑いで静岡県富士市の市立小学校講師の男(34)を書類送検した。

無関係の会社に中傷電話相次ぐ

   「容疑者の実家だ」と書き込まれた不動産会社には、翌日から問い合わせや中傷の電話が相次ぎ、同社は2010年12月、江別署に告訴していた。

   男は自分のブログに、クリック数などに応じて、換金可能なポイントが得られるアフィリエイト広告を掲載。月に10万円から20万円相当のポイントを副収入として得ていたという。

   動機については「社会的に注目を集めた事件で、ブログへのアクセス数を増やし、ポイントを多く得たかった」などと話しているという。

   この事件はネットでも注目を集め、2ちゃんねるには「アフィ目的に中傷って悪質だな」「月10~20万円って多いな」といった書き込みが寄せられた。また、男はブログを約1000個も開設していたといい、「1000個って一体どういうことなの?」という疑問も相次いだ。

   アフィリエイトサービスを運営する会社の担当者は「実際に更新していたのがどれだけかは分かりませんが、1000個というのは尋常じゃないですね」と語る。

システム組んで一斉更新できた?

   アメーバやヤフー、エキサイトなどでブログを開設するにはIDが別々に必要で、システムを組んで一斉更新することは難しい。きちんと1000のブログを更新していたとすれば、

「名前はブログでも実際は自分で作ったサイトで、ドメイン違っても一斉更新できるような仕組みにしていたのでは」

と担当者は推測する。

   別のアフィリエイトサービス運営会社も「普通多くても5~6個。1000は異常」といい、月10~20万円の収入は個人のアフィリエイト収入としては多いことを認める。

「アフィリエイトで副収入を得ることが一時もてはやされましたが、しっかりやらないと上手くいかないことに気付いて、落ち着いてきているのが今です。収入が0円の人もいますし、それこそ月数百万円も稼いでいるような人は、コスメとかの比較サイトを作ってSEO対策をするなど、相当労力をかけています。殆どの人は真面目にやっているのに、虚偽の情報を書き込んでアクセスを増やそうというのは大変悪質です」

   ITジャーナリストの井上トシユキさんは

「多ければ多いほどいいということで、半分病的になって1000も開設してしまったのでは。アフィリエイトでしっかり稼ごうとすると、ちゃんとした記事を書かなければいけません。でも、なかなか面白いことが思いつかないので、ねつ造してしまったのでしょう。事件になれば仕事も失ってしまうかもしれませんし、威力業務妨害になるともっと事が大きくなります。月10~20万円の収入は小さくはないけれど、1000個もブログを作る労力があるなら、もっと他のことをすべきです」

と話している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中