枝野官房長官「官房機密費の全面公開は困難」

印刷

   枝野幸男官房長官は2011年1月17日午前の記者会見で、官房機密費(内閣官房報償費)の扱いについて「報償費の性格から、すべての公表は難しいのではないか。もしすべて公表できるのであれば、報償費というものがいらなくなる」と述べ、全面公開は困難だとする考えを示した。今後の検証については、「どういうやり方をすれば国民の皆様にできるだけ中身を知っていただけるのか。報償費という性格の中で最大限できることを努力したい」とした。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中