「ツイッターストーカー」の酷い実態 異常なリプライ、はては誹謗・中傷

印刷

   ツイッターのフォロワーから、ストーカーまがいの行為をされ困った――。ネット上でこんな告白も増えており、中年女性がフォロワーから「整形バラす」と言われたというケースもあった。

   女子学生というブロガーが、2年近くもやったツイッターをもう止めたと告白。はてな匿名ダイアリーで2011年1月17日に載ったその日記に、はてなブックマークが500以上もつく話題になっている。

「中年男性フォロワーが頻繁にリプライ」

実生活のストーカーも利用?
実生活のストーカーも利用?

   その主な原因は、1回り以上年上の中年男性フォロワーだというのだ。

   この男性は、学生のつぶやきに対するリプライの頻度が極端に多く、どんなつぶやきでもお気に入りに追加した。学生をとても好いているらしいというが、学生がつぶやいた好きな音楽をバカにし、知らない作家の話をわざわざ引用してリプライする。

   学生と友人とのリプライにも割り込んできたり、学生のSNSやブログを突き止めてことごとく足跡を付けたりするともいう。うんざりしてつぶやかないと、「お元気ですかー」とのリプライが定期的に送られてきた。ほかにも気持ち悪い人が続々現れたため、ツイッターやSNSも止めたのだとしている。

   この男性は、学生の知人ではないらしい。しかし、実際に姿を見せないとしても、この学生にとってはストーカーに見えるようだ。

   ネット上では、こんなツイッターストーカーに遭ったと告白するケースもいくつか出ている。

   はてな匿名ダイアリーでは10年3月3日、ツイッター歴1年弱という女性が、「まじ気持ち悪い」と訴えて話題になった。この女性は、ある男性フォロワーが「そういうつぶやきはしないほうがいいよ」などとダイレクトメッセージを寄こしたり、つぶやきを全部チェックして会いたいと言ってきたりしたと主張。ブロックしたいが逆ギレが怖いとして、アドバイスを求めていた。

   こうしたツイッターストーカーは、本当にいるのだろうか。

「ブロックを解除しないと、ただでは済まないぞ」

   取材を進めていくと、東京都内の会社に勤めているあるツイッターヘビーユーザーの女性(47)は、酷いケースを明かしてくれた。

   それによると、女性の友人である40代の独身女性は、ツイッターでここ1か月ほど、かなり年上の無職男性から誹謗・中傷を受けたと訴えている。この男性は、独身女性に恋愛感情めいたつぶやきをしており、ダイレクトメッセージも頻繁に送ってくるため、女性がブロックすると、こうつぶやいたというのだ。

「ブロックを解除しないと、ただでは済まないぞ」

   この男性は、独身女性の友人までフォローしており、ツイッターでこの友人らを巻き込んで誹謗・中傷を繰り返しているのだという。

   さらに、女性のフェイスブックまで突き止め、ツイッターの顔写真と比較して、こう言い放ったという。

「こちらの写真は酷いから、整形してるんだろ。バラしてやろうか?」

   年上男性について、独身女性は、こう悩みを打ち明けた。

「ツイッターで別アカウントを作るたびに突き止められ、『卑怯だ』と非難されるんです。でも、つぶやきはすごく楽しんでいるので、止めたくないんですが…」

   以上のような例は、実生活上のストーカーになっているわけではないが、知人が相手だと悲惨なケースもあるらしい。ヤフー知恵袋では2010年8月13日、20歳以上も年が離れた妻子ある知人男性が、ブロックしてもストーカーまがいのつぶやきを続け、実際に待ち伏せなどもされたとの相談が寄せられていた。

   ちなみに、社員2万人がツイッターを始めたと話題になったソフトバンクでは、個人情報を気にするなどして4%ほどの社員が利用していなかったというが、広報担当者は「特にストーカーの報告は受けていません」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中