「ブレーキなし自転車」公道うようよ 道交法違反で罰金のケースが出現

印刷

   ブレーキを装着していない自転車で公道を走ったとして、「赤切符」を切られる例が出ている。自転車と歩行者との事故が激増する中、警察は取締を強めている。中には「ブレーキが前にだけある」のケースでも検挙されることがある。自転車のブレーキを巡る状況は今、大きく変化しているらしい。

   福岡市の若い男性が道路交通法違反(制動装置不良)の罪で略式起訴され、2011年1月12日付で福岡簡裁から罰金6000円の略式命令を受けた。ブレーキを取り外した自転車を公道で運転したためだ。赤切符を切られたが再度運転したという。

ピストバイクと呼ばれる競技用自転車

   「ブレーキのない自転車」として主に知られるのは、ピストバイクと呼ばれる競技用自転車だ。競技用自転車には最初からブレーキがなく、ペダルと後輪の動きが連動する固定ギアで、後退しようと力を入れればブレーキ力が働く。もっとも、ある程度のスピードの自転車を止めるには相当の筋力と技術、経験が必要だ。

   なぜ競技用が公道へ「進出」したのか。自転車事情に詳しいある男性専門家によると、米国で自転車便のメッセンジャーたちが、「自転車のプロ」として競技用自転車を「乗りこなす」ことにファッション性を見出したのがきっかけだ。

   日本へもアメリカのファッションの一部として入って来た。1999年には、人気グループSMAPの草なぎ剛さんらが出演した、自転車便関係者を描いた映画「メッセンジャー」が公開され、若者層を中心に人気が広がった。

   競技用自転車を模したブレーキ付き自転車もあるが、ブレーキ用のワイヤが格好悪いといってとりはずしてしまう人もいるようだ。値段は競技用ならフレームだけ(タイヤやハンドルなどない状態)で20万~30万円のものもあるが、「もどき」なら10万円前後、中古なら4、5万円で買うことができる。3年ぐらい前の一時期、ネットのヤフーオークションで大量に手軽な値段でこの種の自転車が出回り、利用者が増えたという。全国で愛好者がどれだけいるのかは、よく分からないそうだ。

インヴァスト証券

   仕事をしている人なら、自身の「買いたい」「売りたい」タイミングで取引できるとは限らないし、初心者の「なんとなく」の感覚では痛い目をみるのがオチだろう。そうしたなか、外国証拠金取引(FX)取引の初心者でも「おまかせ」できる、自動売買(システムトレード)の新サービス「フルオート」が誕生し、話題になっている。続きを読む

PR 2016/9/16

マロン部

   続きを読む

PR 2016/9/7

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中