「整形」質問に韓国アイドル激怒 「これ以上聞くとぶっ殺すわよ!」

印刷

   日本のお笑い芸人が「整形」について韓国のアイドルグループに直球質問をしたところ、アイドルの1人が激怒した。美容整形が多いとも言われる韓国だが、タブーはあるのだろうか。

「友だちは、10人中5人はしています」

オリラジの2人が番組企画で直球質問

「大学の合格祝いに目と鼻の整形を母からプレゼントされました」

   お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」が、韓国・ソウルの有名女子大前で直接リサーチしたところ、学生らは次々に笑顔で整形の存在を明かした。フジテレビ系で2011年1月22日夜に放送された「世界衝撃映像社」では、日本では考えられないような反応ぶりを紹介していた。

   韓国では、2人に1人は整形手術を経験したことがあると、大手紙などが調査結果を発表している。10人中8人は整形が必要だと感じているといい、抵抗感は少なく、むしろ「努力の証」ともされているというのだ。韓国のアイドルは、顔は直せばいいとの考えから、スタイル重視で選ばれるともいう。韓国内では、アイドルや女優が整形を告白するのは珍しくないようだ。

   日本でも活躍中のK-POPアイドルにもうわさがあることから、番組では、オリラジの2人にアイドルインタビューを敢行させた。対象になったのは、10年にデビューしたばかりの新人グループ「ガールズデイ」のメンバー5人だ。

   インタビューでは、オリラジの中田敦彦さん(28)がいきなり「あの~、皆さんはどこを整形していますか」と切り出した。新曲PRの撮影とだけ知らされていたというためか、メンバーらはうなずくような仕草を見せた後、不機嫌そうな顔に。中田さんがさらに、「ちょっとだけしたり?」と聞くと、メンバーの1人が韓国料理を食べながら、こう言い放ったというのだ。

「これ以上、整形について聞くと、この辛いやつ食わしてぶっ殺すわよ!」

   整形手術は日常的に行われているともされる韓国だが、何らかのタブーはあるのだろうか。

「プチ整形は日常的に行われています」

   韓国の整形事情にも詳しい高須クリニックの高須克弥院長は、ガールズデイのメンバーが激怒した理由について、こうみる。

「聞き方が悪いんだと思いますよ。お役所の人がアンケートで聞いたとしたら、素直に答えるでしょう。また、メンバーが好きなアイドルから聞かれる場合も同様です。いきなり見も知らぬ日本のお笑いタレントが聞いたら、怒るのも当然です。余計なお世話ということですから。プライドも傷つけられたと感じるでしょう。反日感情もある中では、なおさらですよ」

   もっとも、韓国では、整形のイメージは必ずしも悪くないことに変わらないという。

「2人に1人よりもっと多く、若い子は、5人いたら4人は整形していますよ。一番多いのは二重まぶたで、鼻を高くしたり唇を厚くしたり、プチ整形は日常的に行われています。儒教の影響で、親孝行のためお母さんのシワなどを直すことから始まり、そこから親が娘の整形にお小遣いを渡すようになりました。親が反対し、娘が隠れてやる日本とは対照的ですね」

   美容整形は、韓国政府も医療観光の一つとして力を入れるようになった。トラブルを考慮して日本の大手旅行会社はほとんど手を付けていないが、小規模の旅行会社が日本からもツアーを手がけている。

   高須院長によると、実は整形は日本が本家で、韓国は日本から技術を学んだのだという。美容外科は、日本国内の700軒に比べて、韓国ではソウルだけで2000軒もあるというが、安易なツアー参加には注意を呼びかける。

「言葉が通じないですし、韓国ではやらない医者が観光客を引き受けている例がありますので、失敗も多いんですよ。確かに安いツアーが多いですが、しっかりした医者を選ぶことが大切ですね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中