薄型テレビのバイ・デザイン破産

印刷

   格安の薄型テレビで注目を集めたベンチャー企業のバイ・デザインが破産した。帝国データバンクが2011年2月1日に明らかにした。1月26日に東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた。負債は09年12月期で14億5500万円。

   同社は2003年6月に設立。薄型テレビの草創期に、テレビパネルや部品を外部調達して、中国などの海外メーカーに製造を委託するビジネスモデルで低価格化を図り、大手家電メーカーの製品の半額程度で販売して話題を呼んだ。05年12月期には年間売上高で約54億6500万円を計上していた。

   薄型テレビ市場が拡大するなか、大手製品の価格が下がって競争が激化、販売が伸び悩んだ。09年12月期の売上高は18億7100万円にまで落ち込んでいた。

   代表の飯塚克美氏は、かつてデルコンピュータ日本法人の代表を務め、パソコンベンチャーの「akia」を立ち上げた人物としても知られる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中