「不倫報道」半井小絵が降板 おじさんファンに失意広がる

印刷

   大リーガーとの不倫疑惑が報じられたNHKお天気キャスターの半井小絵さん(38)が出演番組を降板することになり、中高年ファンらからショックだとの声が上がっている。NHKは、疑惑報道との関係を否定している。

   NHKニュース7で2分間のお天気解説をする半井小絵さんは、「午後7時28分の恋人」と呼ばれる。清楚な半井スマイルとテンポのいい解説で、中高年男性のハートを射止めていたからだ。

NHKは文春報道との関係を否定

降板と関係ある?
降板と関係ある?

   ところが、そんな半井さんに、降って沸いた不倫疑惑が襲った。週刊文春の2011年2月9日発売号が、テキサス・レンジャーズに日ハムから移籍した建山義紀投手(35)との「愛欲不倫6か月」を報じたのだ。

   記事によると、半井さんは10年8月、プロ野球関係者とNHK関係者との飲み会で建山投手と知り合った。その後、2人はホテルなどで密会を重ね、建山投手が11年2月7日に渡米する前も、腕を組んで飲食店を出る姿が目撃されていた。

   半井さんは独身だが、建山投手は妻子がある身だ。事実とすれば、不倫関係になる。文春の記事では、半井さんが3月いっぱいでニュース7を降板し、ローカル放送の首都圏ニュースに移るとも書かれている。

   新聞各紙も文春記事を紹介すると、ネット上に番組降板の波紋が広がった。

   ミクシィでは、3000人以上が参加する半井さんのコミュニティに、ファンらから次々に失意の声が寄せられている。

「真面目な半井さんが不倫などするわけありません」
「これから半井さんを観られなくなるなんて…」
「もう東京メインで就職先を探したいくらいです」

   半井さんが降板したのは、不倫が発覚したためなのか。

   この点について、NHKの広報担当者は、J-CASTニュースの取材に対し、「半井さんの卒業は、1月に決まっており、今回のこととは関係ありません」と否定した。半井さんは、7年間もニュース7に出演していたが、この担当者は、7月の完全デジタル化で番組を一新するため、新しい気象予報士に依頼することにしたと説明している。

「友だち以上の関係はありません」

   首都圏ニュースに移るかどうかについては、NHKの担当者は、「それを含めて検討しており、どの番組に出るかは決まっていません。出演するかどうかは、現場の考え方になります」としている。半井さんの後任も決まっていないという。

   ところで、文春が報じた不倫疑惑は、本当のことなのか。

   半井小絵さんの所属事務所ウイングでは、取材に対し、疑惑をきっぱりと否定した。本人は、「複数名が参加して何回か飲食をしたが、それ以上の関係はない」と言っているという。このことから、事務所では、文春側に対し、厳重に抗議したことを明らかにした。

   一方、建山義紀投手の事務所スポーツカンパニーでも、マネージャーが「文春には、そうした事実関係はないと伝えている」と話した。2人は、仲間たちと一緒に食事などをする友だちだという。本人も、ツイッターで「誤報です」と口を開いた。事務所では、今後は、文春に抗議するかどうか検討していくという。ただ、「食事の場で2人が冗談で腕を組むことがあり、本人は、『不倫と勘違いされた』と反省しています」と言っている。

   NHKでは、「職員ではなく、一般の出演者になりますので、プライベートのことについてはお答えする立場にはありません。しかし、本人は否定していると聞いています」と話している。

   週刊文春に取材すると、編集部は休みの日ですぐには対応できないかもしれないとのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中