田村ゆかりツイッターで傷つく きっかけは「障害者手帳貰える」

印刷

   人気声優の田村ゆかりさんがツイッターで切れた。フォロワーに視力の弱さをネタにされたことが発端と見られ、「もう返信はたまにしか見ない」と激怒。ファンの間にも一時動揺が広がった。

   田村さんは、1997年にデビュー。代表作にアニメ「魔法少女リリカルなのは」シリーズの高町なのは役などがあり、現在は水樹奈々さんや堀江由衣さんらと並ぶ声優界屈指のスーパースターとして知られる。本人は「ゆかり王国のお姫さま」を称し、ファンは「王国民」と呼ばれることでも有名だ。

視力0.01以下をネタにされる

田村さんのツイート
田村さんのツイート

   ツイッターのフォロワー数は2011年2月14日現在約10万。声優のツイッターとしては大人気なのだが、13日そこでトラブルがあった。

   ファンから視力を問われ、「測定不能。0.01以下ってことしかわからなかったような」と回答したところ、別のフォロワーから「障害者手帳貰えるよそれw」と反応が寄せられた。

   これに田村さんが「何で『w』なのかはわかりませんけど、私の主治医さんからは、何らかの矯正(眼鏡やコンタクト)で視力が出る場合は貰えないって言われましたよ」と返答。ネット上では文末の「w」は「笑」の省略形として使われる。田村さんは、自分の視力の弱さをネタにされたことにイラッとしたようだ。

「私はbotではありません。心を持った人間です」

   そして、その直後に「決めた。もう、返信はたまにしか見ない。流し見しかしない」と投稿。ファンと積極的にツイッターで交流してきた田村さんとしては異例の反応だ。

   これを受け、「障害者手帳」のツイートをした人物にファンから「お前反省しろよ」「死ねよゴミ」といった非難のツイートが殺到。アカウントを削除してしまう事態にまでなった。この人物は自身の運営サイトにも謝罪文を掲載し、田村さんに事務所を通して謝罪するといった旨を書いていたのだが、現在はサイトごと閉鎖している。

   田村さん自身は

「返信を見ないという件で、1つ言っておきますが、特定の誰かの発言がきっかけではありません。前々から感じていた事です。私はbotではありません。心を持った人間です。画面の向こうには人がいるという事を理解していて欲しいです」

ともツイッターに書いている。ファンからのツイートで傷つくことはこれまでにもあったようで、今回のやりとりだけが原因ではないようだ。10万人以上もフォロワーがいれば、心ないツイートが寄せられることもよくあるのかも知れない。

   ちなみに、厚生労働省によると、身体障害者手帳の交付を判断する際、視覚障害の場合は矯正した状態での視力が基準となる。田村さんの場合は矯正状態で0.3だとしているが、両眼の視力の和が0.2以上だとしても、片方の眼の視力が0.6以下、もう片方が0.02以下だと同障害程度等級6級に該当し、手帳交付を申請することもできるという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中