「メガ取引所」誕生へ NYSEとドイツ取引所が合併で合意

印刷

   ニューヨーク証券取引所などを運営するNYSEユーロネクストと、フランクフルト証券取引所を運営するドイツ証券取引所が合併で合意した。2011年2月15日、正式に発表した。

   欧米の監督当局と両社の株主の承認を得て、年内にも合併する見通し。実現すれば、取引所の売買代金の合算は約21兆4420億ドル(約1780兆円)となり、世界最大のメガ取引所が誕生することになる。

   新会社の株式はドイツ証券取引所の株主が6割、NYSEの株主が4割を保有。最高経営責任者(CEO)にはNYSEのニーダラウアーCEOが就任。会長にはドイツ証取のフランチオーニCEOが就く。取締役はドイツ証取から10人、NYSEから7人が就く予定。

   ただ、米ウオールストリート・ジャーナルは「合併には規制当局ならびに議員からの支持が必要なうえ、両社の合併効果に関しては投資家の間で懐疑的な見方が広がっている」とも報じている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中