「建屋と別にさらに6400本」 使用済核燃料めぐり読売報道

印刷

   東京電力の福島第1原発事故に関連して、6基の原子炉建屋内の貯蔵プールとは別に、約6400本の使用済核燃料を貯蔵した共用プールがある、と読売新聞が報じた。2011年3月18日付朝刊の記事によると、この共用プールも津波で冷却装置が故障したままで、水温などの変化を掌握できていないという。

   読売記事は、「数年以上かけて冷却されているため、ただちに爆発する危険は少ないとみられるが、(略)事故対策統合本部は、共用プールへの対応も迫られている」と指摘している。報道の通りなら、事態は一層深刻だ。

   また、読売記事は1号機から6号機までの建屋内の使用済核燃料の本数も表にしてまとめている。1号機は292本、2号機は587本、「一番深刻」で自衛隊ヘリなどによる冷却水投入作業が始まった3号機は514本、4号機1331本、5号機946本、6号機876本。合計は4546本で、これに「別の約6400本」を加えると、総計1万950本程度となる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中