「議員のように作業着で卒業式に!」 コスプレ自粛指示に京大生反発

印刷

   京都大学は名物行事となっている卒業式での「仮装(コスプレ)」について、大震災に配慮し「このような時期にふさわしくない仮装等の行為」を自粛するよう学生に求めた。

   2011年3月24日に行われる卒業式を前に、この通達に反発の声があがり、ネット上では政治家らが着用している「作業着」で出席しようと一部学生が訴える騒ぎになっている。

大学当局への「風刺的批判」と主張

   ツイッター上では告知直後から、大学当局への抗議として「時期にふさわしい」コスプレを探る動きが始まった。1人のユーザーによる「国会議員の様に『作業着』を着てください」という発言が支持を受け、「作業着運動」として広がり始めた。

   提案者は当局への「風刺的批判」と主張。「京大生はこのくらいがいいと思うw」「枝野さんとおんなじやつ希望」など好意的反応も少なくなかったが、「不謹慎すぎる」「自由とエゴを履き違えてる」といった批判も寄せられた。

   なお京都大学では22日、今回の震災で学生3人が亡くなったことを発表している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中