大船渡銘菓「かもめの玉子」が戻ってくる

印刷

   銘菓「かもめの玉子」で知られる「さいとう製菓」(岩手県大船渡市)が4月4日、震災でストップしていた工場を再稼働させた。従業員約250人は全員無事で、張り切って仕事を始めた。

   岩手日報などによると、港に面した本社は全壊。気仙沼、陸前高田両市などにある五つの直営店も津波に流されが、大船渡市郊外にあった製造工場は無事で、大急ぎで機械の点検を済ませた。材料の調達のめどもようやく立った、という。斉藤俊明社長は、4月20日前後の本格稼働を目指す、と話している。

   「かもめの玉子」は、先代が52年、大船渡港を飛び交うカモメをモチーフに開発した。卵の黄身をイメージさせるあんをカステラで包む和洋折衷が人気を集め、震災前は1日約15万個を製造し、全国に販路を広げていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中