「ニンテンドー3DS」売れ行き失速説 新品価格下落、中古在庫もだぶつく

印刷

   超人気が喧伝された任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の売れ行きが失速しているのではないか、と一部で騒がれている。根拠となっているのが、新品価格と中古の買い取り価格がいずれも下落していることだ。そして、ゲームショップには現在、新品も中古も大量に残っているというのだ。本当なのか。

   「ニンテンドー3DS」は裸眼で3次元映像のゲームが楽しめる最新機種。希望小売価格は税込みで2万5000円。2011年2月26日に発売され、初回出荷台数の40万台は予約だけでほぼ完売。しかし3月中旬頃から売れゆきが鈍り、任天堂は11年3月末までに国内の出荷目標を150万台としていたのに対し、調査会社エンターブレインの発表によれば、発売日から3月27日までの国内累計販売台数は80万1423台だった。

遊びたいソフトが発売されていない

   「中古ショップの買い取り表から3DSが消えた!」とネットで話題になったのは4月6日。中古在庫がだぶついて買い取りをやめたのではないか、と見る人もいた。京都府にあるショップに事情を聞くと、買い取りをやめたのではなく、買い取り価格がどんどん下がっているため一時的に外した、と説明した。発売当初は「3DS」の人気が高いため、未使用品なら3万2000円で買うショップも現れ、話題になった。現在の買い取り価格を見てみると1万6000円というショップもある。

   新品の価格はというと、価格比較サイト「カカクコム」を見ると最安値が2万2千300円。コメント欄には「あら~どんどん下がるな」「こりゃ2万割れは間もなくだな」などといったユーザーの感想が書かれている。

   都内のゲームショップに話を聞くと、新品も中古も店内に沢山あると明かした。そして、中古を売りに来る人が多いため、買い取り価格はもっと下がるのではないかと、話した。「3DS」用のゲームソフトの種類が少なく、キラーソフトと呼ばれる大人気ゲームソフトの発売もまだ先で、せっかくゲーム機を買っても楽しめないということらしい。

「決算発表会で説明します」と任天堂

   ある大手ゲームショップチェーンによると、「3DS」の売れ行きが鈍ったのは3月中旬からだという。この頃から新品の販売価格を下げるゲームショップが現れた。それでもだぶついている状態だと打ち明ける。理由としては、3月決算期の会社が多いため、値段を下げてでも売上げを稼ごうとし市場に放出する会社が相次いだため。ただ、価格の低下やだぶつきは、ここ1、2週間で収まるのではないか、とこの大手ゲームショップチェーンは考えている。

「それなりに売れているのは確かですので、やがて店頭のだぶつきは解消されます。その後は適正な価格、店頭在庫に戻るのではないでしょうか」

と説明する。

   こうしたことは本当なのか、任天堂に問い合わせてみたが、「3DS」の販売状況などについては4月下旬に行われる決算発表会で説明します、ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中