「4000円」で発売したらバカ売れ 被ばく量わかる「放射線測定カード」

印刷

   使い捨ての「放射線測定カード」が売れているという。ネットで検索すると、ショップによっては売り切れていて入荷が4月中旬から下旬というものもある。「お一人様10枚まで」と枚数制限しているところもある。

   福島第一原発事故以降、ガイガーカウンター(放射線測定器)が売れていると話題になったが、このカードは4000円程と買いやすく、自分の被ばく度がわかることが人気の秘密らしい。

「だって放射能は怖いじゃないですか」

放射線測定カード「RAD Triage」が売れている
放射線測定カード「RAD Triage」が売れている

   東京秋葉原にある電子関連の雑貨ショップをのぞいてみると、米国製の「RAD Triage」と書かれたカードが冷蔵ボックスに入れられ販売されていた。価格は税込み3980円。購入した都内在住の男性サラリーマンに話を聞くと

「ガイガーカウンターは大げさだが、これは手軽。だって放射能は怖いじゃないですか」

と話した。

   この「RAD Triage」というカードはどんなものか、説明書を読んでみると、ポケットや財布に入れて持ち歩く放射線測定器で、自分が立っている場所の放射線濃度を測る、というよりも、例えば3か月くらい持ち歩き、自分がどれくらい被ばくしたかを知るという使い方が一般的。カードに付けられたセンサー部分の色が、ガンマ線、X線、β放射線などに反応して変化し、その変色具合によって被ばく量が判断できる。大きさはクレジットカードくらいで、約20mSvから反応し、計測積算線量は20~10,000mSvとなっている。

ガイガーカウンターよりも実用的

   「RAD Triage」の販売代理店ステラ・ホールディングスの嶋瀬宏社長に話を聞くと、同社が販売を始めたのは1週間ほど前のことで、ほとんど宣伝しなかったにもかかわらず翌日に100枚売れ、これまでに数百枚売れているという。ガイガーカウンターが安い物でも数万円することに対し、4000円程度で買えること、また、その場所がどれくらい被ばくしているかを調べるガイガーカウンターに比べ、自分自身の被ばく度を知ることができる「実用的」な製品であることが人気の要因ではないか、とし

「原発事故以降に放射能に関する様々な情報が飛び交っていますが、このカードを使うことによって不安を取り除きたい、そんな方々が購入しているのだと思います」

   そう嶋瀬社長は話している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中