【被災地はいま】4月11日 「もう物欲なんてなくなってしまったよ」

印刷


   東日本大震災から1か月を迎えた11日、岩手県陸前高田市の市立高田一中の体育館では、避難生活をおくる住民らが犠牲者へ黙祷をささげた。同校で避難生活を送る大内多希子さん(69)は、「さまざまな援助に心から感謝している」と話しながらも、職場を失った息子の将来について不安をもらす。

「親が職を失ったら、その子どもたちの未来だって…」。

   一方で、同中学校の敷地内に建てられた仮設住宅で新たな一歩を踏みだした家族もいた。久納豊さん(63)は妻京子さん(63)と母久子さん(86)と共に今日から生活を始めた。

   地震発生時、京子さんが背負って一緒に避難したという孫娘の燕ちゃんも仮設住宅を訪ね、一緒に初めての昼食。京子さんは、「この震災で世界が変わってしまった。もう物欲なんてなくなってしまったよ」と気丈に笑う。久子さんは、「今まで避難生活をしていた公民館が家庭的な雰囲気だったので少し寂しい」と言いながらも、「やっとぐっすり眠れる」とホッとした表情。

   震災から1か月。被災者のみなさんにとっては何の節目にもなっていないかもしれない。それでも、被災者のみなさんがみせる優しさや強さは、被災地の、日本の未来に希望を抱かせてくれるものだった。(カメラマン・会田法行)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中