仙台に民間空路復活 1番機が羽田から出発

印刷

   東日本大震災の津波で水没した仙台空港の民間機の運用が2011年4月13日再開され、羽田空港では同日7時前、「がんばろう日本」と塗装された日本航空(JAL)の臨時便(JL4721便、ボーイング737-800型機)が仙台空港に向けて出発した。同便は、民間機としては初めて再開後の仙台空港に着陸する。

「がんばろう日本」の塗装がほどこされた臨時便が仙台空港に向けて出発した
「がんばろう日本」の塗装がほどこされた臨時便が仙台空港に向けて出発した

   JALの大西賢社長は、

「仙台空港は、設備面は震災前の20%しか復旧していない。暖房もレストランも使えないが、精一杯(飛行機の)席を提供していきたい」

と話した。

   仙台空港には、JALが羽田便1日1往復と伊丹便2往復、全日空(ANA)が羽田便3往復乗り入れる。

   震災以来、首都圏と東北地方を結ぶ交通網は分断状態が続いていたが、4月12日には東北新幹線の那須塩原-福島間が復旧。在来線とあわせると首都圏と東北地方が鉄道でつながった形で、じょじょにアクセスが改善されつつある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中