沖縄への侮辱発言「歪曲された」 メア氏、報道内容を否定

印刷

   沖縄県民に対して侮辱的な発言をしたとして米国務省日本部長を更迭されたケビン・メア氏は、米ウォールストリートジャーナル紙のインタビューに応じ、「発言が歪曲されて伝えられた」と報道された内容を否定した。同紙が2011年4月14日、メア氏のインタビュー映像をインターネットで公開した。

   2010年12月にメア氏が、米大学の学生に講演した際に「沖縄の人は日本政府に対するごまかしとゆすりの名人だ」「沖縄の人はゴーヤを栽培できないぐらい怠惰」などと発言したと報じられた。講演での発言内容は学生がまとめたが、メア氏は「私の発言ではない」と全面否定。発言記録も講演から2か月たってからつくられたもので、「全く信用性がない」と強調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中