夏の電力「500万キロワット積み増し」 東電、官房長官に報告

印刷
会見で記者を指名する枝野幸男官房長官
会見で記者を指名する枝野幸男官房長官

   枝野幸男官房長官は2011年4月15日午後の記者会見で、「夏の電力供給を500万キロワット程度積み増しできる見通しになった」という報告を東京電力から受けたことを明らかにした。

   震災で停止していた火力発電所の復旧、老朽火力発電所の連続運転、揚水発電の活用などをフル投入する。この結果、総計5000万キロワット程度の供給力を確保できる見通し。枝野長官は東電に対して、さらに供給力の積み増しが出来ないか精査し、来週後半に再度報告するように求めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中