菅首相、福島県産キュウリを食べるパフォーマンス

印刷

   福島県産の風評被害を防ごうと、菅直人首相は2011年4月15日、県産のイチゴやキュウリを食べて安全性をアピールした。

   福島県の農協関係者らの訪問を受けて、パフォーマンスしたもの。菅首相は原発事故について関係者に「心からおわび申し上げたい」と述べ、国が補償する考えも示した。なお、菅氏は、かつてO157騒動の際、カイワレダイコンを食べて安全性を訴えたことがある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中