今度は3号機から高濃度の汚染水流出

印刷

   福島第1原発3号機の取水口近くにあるコンクリート製立て坑から、高濃度の放射性物質を含む水が海に流出しているのが見つかった。東京電力が2011年5月11日に明らかにした。

   それによると、立て坑の水からは、海水濃度限度の62万倍に当たるセシウム134や、43万倍に当たるセシウム137などが検出された。東電によると、立て坑に亀裂があった。作業員が止水したという。汚染水は、3号機タービン建屋から立て坑へ流入したとみている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中