70歳代以上で増えるネット利用者 ショッピングにも将来性

印刷

   70代、80代以上のインターネット利用率が3年続けて増加している。70代ではおよそ4割に達した。

   ブログを更新したり、交流サイト(SNS)に登録して同じ趣味の会員を見つけたりと使い方の幅も広がりつつある。一方でショッピングは興味を示すものの、利用頻度はまだ低いようだ。

SNSで知り合った後は頻繁にオフ会

シニア向けのSNS「スローネット」
シニア向けのSNS「スローネット」

   総務省が2011年5月18日に発表した「通信利用動向調査」によると、年齢階級別インターネット利用率で70~79歳が39.2%、80歳以上が20.3%に上った。この結果について調査会社シニアコミュニケーションに聞くと、70代前半の男性は、在職時にパソコンに親しんでいた世代だという。一方で、調査では、「1年間にインターネットを利用したことがある人」はすべて含まれるため、必ずしも全員が頻繁に利用しているとは限らない。ネットに接続するうえで、ヘルパーや親族といった周囲の人の手助けを得ている人もいるだろう。

   とはいえ「純増」した部分もあるはずだ。シニアコミュニケーションによると、最近多いのは、地域の高齢者の会合に通信会社の担当者が来て「ネット教室」を開く例だという。ネットを利用しない高齢者のデジタルデバイド(情報格差)を減らしていくためだ。ネットに詳しい高齢者が、初心者に教えるパターンもあるという。

   ではどんなサービスを利用しているのか。シニア向けSNS「スローネット」を運営する日本テレネットによると、2011年4月末時点の会員数は約9万6000人で、うち70歳以上が4分の1を占める。スローネットは2000年にスタートしたが、会員は毎年安定的に伸びていると担当者は説明する。

   趣味が共通する会員とネット上でグループを作り、交流する――。SNSでは一般的だが、スローネットの場合は「同じ『グループ』に属する人が、実生活で顔を合わせて『オフ会』を頻繁に開き、一緒に趣味を楽しむ傾向があります」(日本テレネット担当者)。他人の書き込みに共感を示し、相手を褒める人が多いのも、シニアSNSの特色だ。

「買い物弱者」を救うネットスーパー

   だが一方で、ネット上で積極的に交流するスタイルは「ややハードルが高いかもしれません」と、この担当者は話す。そのため、読みものや掲示板といった「情報閲覧型」コンテンツの拡充を視野に入れているようだ。

   前出のシニアコミュニケーションの研究員は、高齢者のネットの楽しみ方として「孫の写真を撮ってメールで送ったり、旅行先の写真を投稿したりといったものが今後増えるのでは」と予測する。身の回りの人や趣味が動機づけとなれば、ネットを使う機会が増えるということだろう。

   ネットショッピングはどうだろうか。例えば高齢者の顧客が多い健康食品の販売サイトでは、電話やファクスでも注文を受け付ける。ある販売業者に聞くと、「70、80代の人からは電話での注文が多い」とのことだった。とはいえ、必要に駆られればネットで買い物する高齢者は増えるだろう。考えられるのが「ネットスーパー」だ。健康上、買い物に出かけるのが難しい人や、近所にスーパーがない場所では、日々の食料や日用品をネットで簡単に購入できれば便利に違いない。実際、セブンイレブンなどは2011年2月、都市再生機構(UR)の賃貸住宅500世帯を対象に、ネットを活用した買い物支援の実証実験を開始した。

   高齢者向けのパソコン教室を展開するアビバによると、パソコンを学ぶ70、80代の生徒に「インターネットをどう利用したいか」を調査したところ「ネットショッピング」が「趣味」に次いで2番目に多かったという。現時点では、ネットで自在に買い物をするには「敷居が高い」ようだが、潜在性は高いといえよう。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中