与謝野経財相、枝野発言を批判 銀行の東電債権放棄問題で

印刷

   銀行に東電債権を放棄してもらうという枝野幸男官房長官の発言について、与謝野馨経済財政相は2011年5月22日のNHK番組で批判した。

   与謝野経財相は「東電支援の枠組みには法的、財政的な根拠がある」として、「おセンチな議論はいけない」と主張。「債権放棄を法的に求めるなら一つの方法だが、金融機関の良識や善意に頼って枠組みをつくるのは甘い」とも述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中