被災地ボランティア、減少止まらず

印刷

   東日本大震災の被災地支援ボランティア活動者数が大型連休以降減り続けている。2011年5月24日に全国社会福祉協議会(全社協)が発表した集計によれば、岩手県・宮城県・福島県の各市町村に設置された災害ボランティアセンターを経由して活動したボランティアの合計は、5月2日~8日の5万3600人をピークに急激に減少し、大型連休直後の9日~15日には3万4500人となった。減少は止まらず、16日~22日の週は3万2900人で、ピーク時に比べ4割近く減ってしまった。

   一方、被災地ではまだニーズがあり、多くのボランティアを求めている。受け入れ体制が整わず、県外からの参加を断るセンターもあったが、現在ではほとんどが県外にも参加を呼びかけている。

   ちなみに、全社協の発表する活動者数は、自治体の災害ボランティアセンターを経由しないボランティア参加者を含んでいないが、傾向を見るための目安になる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中