現地泊なし 神奈川発、夜行バスで行くボランティア

印刷

   神奈川災害ボランティアネットワークは、東日本大震災で被害を受けた宮城県東松島市まで定期的にボランティアバスを運行し支援活動を続けているが、岩手県にも往復夜行バスを出し、参加者の募集を始めた。

   「往復夜行バス岩手便被災地支援活動ボランティア」第1便(6月3日~5日)と第2便(6月10日~12日)は、21時に横浜を出発し翌々日朝5時に帰着するプラン。行き帰りの車中で2泊する。参加費は7000円。事前研修会への出席が必須で、5月28日18時と6月3日18時から開かれる。

   東松島への支援も継続的に参加者を募集している。「夜行日帰り宮城被災地支援活動ボランティア」の第9便(6月7日~8日)と10便(6月10日~11日)で、こちらは21時に横浜を出発し翌日23時に帰着。参加費は6000円。事前研修会は6月3日18時から。

   どちらも神奈川県在住の18歳以上を対象としているが、これまでに東京や静岡からの参加者もいて、発着地まで来られる人なら構わないという。

   募集要項は「神奈川災害ボランティアネットワーク 東日本大震災特設サイト」で確認のこと。ボランティアバスは、現在募集中のもの以降も運行を続けていく予定。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中