ふかひれ専門店再建の道のり(2)【宮城・気仙沼発】
震災から半月、手作業で泥かきする日々

印刷

(石渡商店)

震災後19日目の会社の前です。

瓦礫の山を重機でどかしてなんとか車が通れるまでにした後の写真です。

それまではもちろん車は入れませんでした。

少しづつ瓦礫を片付けながら道をつくっていきました。

ここまでくるのに約半月かかりました。

news_p96860_1.jpg

ここが商品倉庫と商品を出荷するところです。

もちろん中は瓦礫の山でした。

スコップと一輪車で泥をかき分けながら外に運んでいく毎日でした。

news_p96860_2.jpg

正面に見えるのが事務所です。

瓦礫の山で中には入れない状態でした。

泥と瓦礫、冷蔵庫から流れてきた魚などさまざまなものが中に入っていました。

風が吹くと砂ぼこりが舞い、そして悪臭が漂う中での作業でした。

もちろん、マスクはかかせません。この時はマスクもなかなか手に入りませんでした。

重機で作業をすれば数日で終わる作業なのかもしれませんが、数人での手作業なので一日少しづつの作業でした。

news_p96860_3.jpg

(つづく)


「ふかひれ専門店再建の道のり(1)」は、こちら>>

「ふかひれ専門店再建の道のり(3)」は、こちら>>


■被災地応援ファンド参加のお願い

2011年4月25日に立ち上がった、事業の早期再建を目指す被災地応援ファンド内で、5月17日から石渡商店ふかひれファンドも募集を開始しました。当社を含め、5月26日現在8社が募集開始しております。

私たちの会社、工場は津波の被害で失われてしまいましたが、ふかひれ専門店としてふかひれを作る知識と技術は失っておりません。気仙沼のふかひれ加工技術を後世に残すためにもこの災害を技術伝承の試練と考え、私たちは一生をかけてこのふかひれ文化を必ず存続させる思いです。

お客様からの熱烈な応援メール、お手紙、お電話と世界中の大変沢山の方から激励を頂き、私たちのふかひれを皆様が待って下さっている、その声にすぐに応えなければと今現在、事業再開・復興に向け日々努力しております。


   セキュリテ被災地応援ファンド(応援金、手数料含め、一口10,500円から参加いただけます)

   石渡商店ふかひれファンド詳細



ふかひれの石渡商店(宮城県気仙沼市)
サメの水揚げ日本一を誇る気仙沼の地で昭和32年に創業。これまでの54年間、ふかひれ専門店として市場での買い付けから、一般消費者様へ商品をお届けするまで製造加工販売を行ってまいりました。
特許も頂いた独自の技術で作るふかひれは和食から中華店まで幅広い料理店で多くの方々にご支持いただいております。ふかひれラーメンやスープ、姿煮はご家庭で簡単に召し上がれるよう試行錯誤した商品でお客様からもご好評頂いております。
ホームページ
公式ブログ
セキュリテ被災地応援ファンド(石渡商店ふかひれファンド)

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中