「なんだ、結局辞めないんじゃん」 菅首相12年1月までは続投?

印刷

   東日本大震災への取り組みに一定のメドがついた時点での辞任を表明した菅直人首相は2011年6月2日夜の記者会見で、具体的な退任の時期については「代議士会で言ったとおり、『一定のめど』」と、言葉を濁した。だが、原発が「冷温停止」の状態になることが事故収束の「一定のメド」になるとの見解を示し、長ければ12年1月まで続投する考えを示した。

   また、鳩山由紀夫前首相との会談で早期退陣を受け入れたとされていることについては「あそこ(合意文書)に書かれたとおり」と述べ、早期退陣で合意したとの見方に反論した。

「代議士会で申し上げたとおり」

不信任案否決後、初めて会見に臨む菅直人首相。笑みを見せる一幕もあった
不信任案否決後、初めて会見に臨む菅直人首相。笑みを見せる一幕もあった

   「一定のメド」の意味を繰り返し聞かれた菅首相は、

「代議士会の場で、私自身の言葉で申し上げたところ。文字通り『一定のメド』」
「そこ(代議士会)で申し上げたとおり」

   などとはぐらかしたものの、

「(原発事故収束のための)工程表で言うと、ステップ2が完了して放射性物質の放出がほぼなくなり、冷温停止という状態になる。そのことが、原子力事故の一定のメドだと思っている」

と、「冷温停止」の状態が「一定のメド」にあたるとの見方を示した。工程表では、「冷温停止」になるのは最も遅い場合では12年の1月だとされており、会見場の記者からは

「なんだ、結局辞めないんじゃん」

との声も複数漏れた。

   鳩山氏は6月2日午後に菅内閣への不信任案が否決された直後、菅内閣の退陣の時期について

「復興基本法が成立する。それから2次補正予算の早期編成のメドが立つときに。成立じゃありません。メドがたつときに身を引いてもらいたい。確認事項だということを取りましたので」

 と述べ、6月中の退陣で合意したと主張している。この点について菅首相は

「鳩山前首相との話では、あの合意事項という文書に書かれた以外の何らかの約束とか一切ない」
「鳩山さんとの合意は、あの文書に書かれた通り。それ以上、私が申し上げることは控えた方がいい」

と反論した。合意文書には菅首相の辞任について具体的な記述はなく、会談の合意内容についての認識の違いが改めて浮き彫りになった形だ。

鳩山氏「人間、ウソをついてはいけません」

   鳩山氏は6月2日午後の時点で、記者から

「岡田(克也)幹事長は、『それ(復興基本法成立と2次補正編成のメド)は辞任の条件ではない』と明言している」

と指摘され、

「それはウソです。先方が勝手にウソをついているだけ。人間、ウソをついてはいけません」

と、色をなして反論している。菅首相の記者会見での発言が、さらに鳩山氏の逆鱗に触れることは確実だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中