連合会長、「与党の体成さず」と混乱を批判

印刷

   連合の古賀伸明会長は2011年6月2日、民主党に対して「党内対立が絶えず、政権与党の体を成していない」と批判した。内閣不信任決議案をめぐる混乱ぶりを受けた感想だ。野党に対しても「こんな時期に(不信任案を)出すこと自体、怒りを感じる」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中