AKB前田主演映画「もしドラ」はゴミ? 監督「ツイッター」抗議で評論家謝罪

印刷

   映画評論家の町山智浩さんが、アイドルグループ「AKB48」の前田敦子さん(19)主演映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(もしドラ)」について、自身の「ツイッター」で、「こんな半年後にはゴミになる映画作るなら被災地に寄付した方がまし」などと呟いた。

   するとこの映画の田中誠監督から「あなたは映画を実際に観て言っているのか?」とリツィートされ、町山さんが謝罪するというハプニングが起こった。

「もしドラ」の制作費を被災地に寄付したほうがまし

   町山さんは2011年6月3日の夜、「ツイッター」で映画や音楽についてフォロアーとの意見交換をしていた。そのなかで

「もしもドラッガーが云々って、半年後には確実にゴミになって1年後には誰も忘れてる。映画作る金があれば被災地に寄付したほうが役に立つよ」

などと呟いた。映画「もしドラ」は11年6月4日から全国公開されている。

   この呟きについて、フォロアー達からは「激しく同意です!」というものや、「もう少し発言に配慮すべきではないか」といったツイートが寄せられた。

   すると突然、この映画の田中監督が参入してきて

「あららら。。私監督ですが映画はご覧になっていただけたということでしょうか。尊敬する町山さんにもしも見ずにそういうこと書かれたとすると辛いですね。あ、見て言われても辛いですがw」

とリツィートした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中