南相馬で「ひまわりの種まき隊」ボランティア募集

印刷

   ひまわりには放射能で汚染された土壌を浄化する働きがあるといわれている。電子出版などを手がけるeブックランドが立ち上げた「ひまわり畑プロジェクト」は、土壌の浄化作用を調べるため、2011年6月11日と12日、福島県南相馬市の農家でひまわりの種をまく予定で、現在、「ひまわりの種まき隊」ボランティアを募集している。

   両日とも9時半に南相馬市の馬場公会堂に集合。JR福島駅へピックアップのためのバスも出す。問い合わせ先は「ひまわりの種まき隊」事務局(FAX:03-3333-1384 E-mail:info@e-bookland.net)。プロジェクトの詳細および参加申し込みは、eブックランドのホームページから。

   作業場所は南相馬市原町馬場地区などの5軒の農家の畑で、福島第一原発から30キロ圏内の緊急時避難準備区域内だが、畑は耕作が認められており、屋内退避も解除されている。地元の住民がこれまで通り生活している地域で、放射線量は数日程度の滞在では健康への影響は考えられないレベルだという。

   「ひまわりの種まき隊」には原子力防災の専門家が同行して放射線量の測定の指導にあたることになっていて、すでに農家が作付け予定の畑の放射線量を測定するなどして事前の準備を進めている。収穫した後の畑の放射線量と土壌に残る放射性物質を計測し比較することによって、ひまわりの浄化能力を調査し、今後に役立てる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中