「ワンピース」を「生協」が無料配信? 「凡ミスでした」と管理会社が謝罪

印刷

   大人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」のコミック20刊分のファイルが生協のサイトにアップされていることがわかった。全て無料で読める状態になっていたため、ネットでは、「社員が違法アップロード?」「いや、何かのコラボだろう」などと騒然となった。

   アップロードが見つかり騒ぎになったのは2011年6月6日深夜。翌日にこのファイルは消去された。

9ヶ月間もサイトにアップされていた

   「ワンピース」のファイルが見つかったのは、「生活協同組合 コープランド東京」のサイト。誰かがネットで「ワンピース」の検索していたところ、コミック1刊から20刊まで保存されたファイルを発見。そのファイルに付いているアドレスが「coopland」となっていたため、生協が何か変わったことをやっているのではないか、とネットで報告。

「なんでこんなところにアップしてるんだ?」
「生協が凄い企画を立てているんじゃないのか」

   などと騒ぎに発展。中には、イントラネットに流し社内で共有するつもりだったものが、誤ってネットに出してしまったのではないか、などとうがった見方をする人もいた。

   6月7日にコープランド東京に問い合わせてみたところ、何が起きたのか全く分からない状況だという答えが返ってきた。調査をして返事をするということなので待っていると、同社のサイトの管理会社から連絡が来た。管理会社が調査したところ、「ワンピース」のファイルがアップされたのは昨年9月。実はこれは1人の社員の所有物で、社内の自分が使っているパソコンに保存していたものなのだという。

ファイルの中身を確認せず更新してしまった

   同社のサイトはFTP(ファイル転送プロトコル)で管理していて、毎日新しい情報に更新している。この社員はFTPにアクセスする権限を持っていて、当時、FTPにアクセスした際に、何かの弾みで「ワンピース」のファイルがFTPに移動。管理会社はそのファイルがどんなものであるか確認しないで情報を更新。結果的にサイトに掲載されることになってしまったのだという。

   アップされてから約9ヵ月間、この社員も、会社の他の人間も、管理会社もこうしたことが起こっていることは全く知らず、ネットで騒がれて初めて気が付いた、としている。

「本当に私共の凡ミスであり、お騒がせして本当に申し訳ありません」

と管理会社は謝っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中