PR誌「本の話」休刊 月刊「文藝春秋」内で存続

印刷

   文藝春秋は、PR誌「本の話」を2011年9月20日発売の10月号で休刊する、と6月10日明らかにした。今後は月刊「文藝春秋」内で30ページ前後の新刊案内・書評コーナーとして存続する。

   「本の話」は1995年7月創刊。新刊情報や書評を中心に、インタビュー、エッセイなどを掲載している。「本の話」編集部によれば、合併後も独自の扉、目次を付けるなど半独立的な形を残し、「本の話」の名前も引き続き使用するという。連載作品は文藝春秋のウェブサイトに移籍する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中