原発作業員、「限度」超えた被曝さらに6人

印刷

   東京電力は2011年6月13日、福島第1原発で復旧作業に当たった作業員のうち新たに6人が、緊急で設定された被曝線量限度250ミリシーベルトを超えたと発表した。これで限度を超えたのは計8人となった。

   これを受け、細川律夫厚生労働相は14日、内部被ばく量が100ミリシーベルトを超えた作業員について、作業から離脱させるよう東電に指示したことを明らかにした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中