雇用・能力開発機構の「賃料」6億円超多すぎる 会計検査院

印刷

   会計検査院は、独立行政法人の雇用・能力開発機構が雇用促進住宅の管理業務のために借りている全国7か所の事務所の賃料が高すぎるとして、機構に対して安価な場所へ移転するなどの改善を求めた。

   事務所は民間から借りたもので、業務委託先の財団法人「雇用振興協会」が家賃徴収などの業務を行うために使用。いずれも都市部の一等地にあり、賃料は2008年4月~10年12月末で6億7013万円に上った。このうち東京都内では、JR神田駅近くに1290平方メートルの事務所を借り、賃料は月額700万円だった。

   会計検査院は「都市部に借りる必要がなく、雇用促進住宅の空室を使えば費用を抑えられる」と指摘している。同機構は「指摘を踏まえて経費の縮減に努める」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中