2週間前に「菅総理罵倒」 浜田政務官のウソと無節操

印刷

   菅直人首相が、自民党から「一本釣り」して浜田和幸参院議員を総務政務官に起用したことをめぐり、自民党が激怒している。怒りは、突然離党を表明した浜田氏にも向けられている。つい数日前まで、ブログで菅首相を罵倒する文章を書き連ねていた上、実際に起用される数時間前まで、自民党幹部に「離党するつもりは毛頭ない」と話していたからだ。

   自民党の参院幹部にとって、今回の一本釣りは「寝耳に水」だったようだ。その様子は、2011年6月27日の幹部のツイートからもうかがえる。

全員の前で「離党するつもり一切ない」

世耕弘成参院議員がツイッターで公開した浜田氏の離党届。世耕氏は「こんなもの受理できませんね」と怒り心頭だ
世耕弘成参院議員がツイッターで公開した浜田氏の離党届。世耕氏は「こんなもの受理できませんね」と怒り心頭だ

   山本一太参院政審会長は13時33分、

「参院幹事長室で、浜田和幸参院議員を囲んで話をした。幹事長、国対委員長、幹事長代理もいた。浜田氏は、全員の前で『自分は離党するつもりは一切ない!』と断言した」

   その1分前の13時32分には、世耕弘成参院幹事長代理が

「浜田氏は『離党するつもりは毛頭ない!』と明言」

とツイートしている。2人がほぼ同じタイミングで同じ内容をツイートしたということは、浜田氏は、この時点では離党の意思を明確に否定していたと言えそうだ。

   確かに、浜田氏のブログの内容からすると、「政権入り」するとは、にわかには考えにくい。例えば、わずか2週間前の6月14日には「菅総理の余命カウントダウン」と題して、

「菅総理の頼りない棒読み答弁」
「内閣不信任案が否決されたことで、自らの政治生命が長らえたと無邪気に思い込んでいる総理」
「厚顔無恥の菅総理」

と、必ずしも上品とは言えない表現で菅首相を批判している。

   このような状況での離党表明に、前出の自民幹部は激怒。

   世耕氏は、19時33分には、

「我々にウソをついたということです」

とツイートしたのに続いて、19時47分には、離党届の写真付きで

「浜田氏の離党届。秘書が幹事長室職員に届けただけ。サインもなし。説明もなし。こんなもの受理できませんね」

   と怒りをあらわにしている。確かに、自分の名前の横には捺印されているものの、離党届の本文には、ワープロで

「私こと浜田和幸は、一身上の都合により、自由民主党を離党いたします」

と書かれているだけだ。非常識だとの批判もあがりそうだ。

「冷却水ミサイルを福島原発に撃ち込め」と主張

   自民党との関係以外にも、浜田氏にとってネックになりそうなのが、過去にメディアで披露した持論だ。例えば3月17日には、自らのブログで、福島第1原発への対応策について

「アメリカ、ロシア、中国といった核保有国に協力要請し、圧倒的な『冷却水ミサイル』を福島原発に撃ち込み、メルトダウンという最悪のシナリオを回避することだ」

とミサイルを打ち込むことを主張。09年には、ニュースサイト「ネットアイビーニュース」への寄稿の中で、

「インドネシアのスマトラ島周辺での巨大地震が相次いで発生している。これにも実はアメリカの国家戦略が隠されているに違いない」

と、地震は、スマトラ島北部のテロ組織を攻撃するために米国が人工的に起こしたものだと主張している。

   これらの独自の見解をめぐり、政務官としての資質を問われる場面も出てきそうだ。

   浜田氏は10年の参院選で、鳥取県選挙区から自民党公認で出馬し初当選。田村耕太郎参院議員(当時)が自民党から民主党に移籍して自民党内のポストが空いたため、自民党が行った公募に浜田氏が応募して公認が決まったという経緯がある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中