双葉町長、自らの給与7割減額 埼玉・加須で町議会開会

印刷

   福島県双葉町の6月議会が6月28日、集団避難先の埼玉県加須市の騎西庁舎を借りて開会した。会期は30日まで。

   3月に緊急避難先のさいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で招集された臨時議会以来で、定例会は震災・原発事故後初めて。議員11人全員が出席、開会前に東日本大震災の犠牲者に黙祷をささげた。

   地元メディアによると、この日は井戸川克隆・町長が行政報告、「今こそ町民と絆を深め、団結し復興に向けて取り組みたい」と議員、町民に呼びかけた。

   井戸川町長は、自らの給与を来年2012年の3月まで7割減額するなど特別職給与を大幅に減額する条例案や一般会計補正予算案など、計29議案を提出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中