松本復興相「嫌い」発言を謝罪

印刷

   松本龍復興担当相は2011年7月1日、、「民主党も自民党も公明党も嫌い」という6月28日の就任会見発言について、「私の意が十分に伝わらなかったとするならば、お詫びを申し上げたい」と、記者会見で陳謝した。

   「嫌い」発言には自民・公明両党が反発しており、国会で追及する姿勢を示していた。松本復興相は発言について、「私は政局的なことを好まないタイプであり、今の局面では被災者に寄り添うことが、私たちの使命であるということを言いたかった」と釈明した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中