菅首相と刺し違えるつもりだった? 松本復興相辞任めぐり憶測

印刷

   「菅首相8月まで居座り」容認ムードも吹っ飛んだ――。松本龍・復興相の「被災地暴言」、その後の辞任を受け、あらためて「首相は早く辞任を」の声が大きくなってきた。

   松本龍・復興相は2011年7月5日午前、辞任会見を行った。被災地での知事への命令口調の発言などが問題視されていた。6月27日に就任したばかりだった。

「1日も早い辞任を」の声再燃

松本氏辞任は、菅首相の退陣時期に影響するのか。
松本氏辞任は、菅首相の退陣時期に影響するのか。

   この辞任をめぐっては、一種の「自爆」説すら与野党から飛び出している。居座りを続ける形の菅首相に引導を渡す意図があったのではないか、というのだ。

   自民党の谷垣禎一総裁は5日、「菅総理大臣の下で仕事をすることに耐えられない、ということでの行動ではないか」との見立てを党役員会で披露した。

   また、民主党の川内博史・衆院議員も同日、「(松本氏は)菅首相と差し違えるつもりだったのではないか」と分析してみせた。谷垣氏も川内氏もあらためて菅首相の早期退陣を求めた。

   松本氏の言動が「地」なのか、「菅降ろしの意図が背景にあった」のかはともかく、菅首相の任命責任を問い、「1日も早い退陣を」の声を再燃させたのは間違いない。

後任には平野副大臣が昇格

   特に民主党内では、菅首相の強硬な姿勢を崩せず、首相が主張する「退陣3条件」(特例公債、第2次補正予算、再生エネルギーの3法案可決)を飲み、国会が延長されている8月末ごろまでの首相続投は「止めようがない」との空気も漂い始めていた。

   しかし、松本氏の辞任を受け、「早く国益のために、次の方にバトンを渡される時ではないか」(鳩山由紀夫・前首相)など、「退陣は8月まで待てない」の声が民主内で再び大きくなり始めている。野党間でも勿論、早期辞任論が勢いを増してきた。

   一方、菅首相は7月5日午後、松本氏の後任に平野達男・内閣府副大臣(復興担当)を昇格させる人事を決めた。平野氏は57歳。農水省出身で岩手県選出の2期目の参院議員だ。

   いずれにせよ、菅首相は松本氏騒動にへこたれることなく、政権運営に強い意欲を見せている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中