「日本人の魂を勇気づけたかった」レディー・ガガ、徹子の部屋で

印刷

   レディー・ガガさんが、2011年7月11日午後放映されたテレビ朝日系「徹子の部屋」に登場した。奇抜なファッションで知られるガガさん、この日は黒く大きいバルーンのような衣装と花魁のような黒く高い木履をはいていた。これを見た黒柳さんは「日本だったらタコだわね」。ガガさんは自分のファッションは日本のカルチャーに影響されたもので、「日本をとても愛している」と語った。

   東日本大震災があった際にガガさんは、何があっても私は日本に行くと宣言。義援金を集めるためにリストバンドを売ったり、日本は安全だと世界に発信したりした。黒柳さんが

「こうして日本の災害支援のため来てくれたことを、私たち日本人は忘れない」

と感謝したのに対し、ガガさんは

「ファンへの愛はどんな恐怖心よりも勝る。募金を呼び掛けることは容易だが、それよりも(日本に来て日本人の)魂を勇気づけることが大切」

と話した。収録は6月末に行われた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中