シャアの「専用ザク」実物大像を造りたい 栃木県おもちゃのまちが始めた仰天構想

印刷

   栃木県壬生町で人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するシャア・アズナブル専用機「ザク」(シャア専用ザク)の実物大立像を作る計画が立ち上がった。

   ガンダムの実物大立像といえば2009年、東京お台場に高さが18メートルある「実物大ガンダム立像」が作られ話題となり、10年に静岡市に移設された。静岡市はこれを機に「模型の世界首都」で街興しを始めたが、壬生町もかつてはおもちゃ工場が集まる「おもちゃのまち」。今回の企画の担当者は「ガンダムの地球連邦軍は静岡に任せ、我々はジオン軍に位置付けたい」と抱負を語った。

それは「赤い彗星」と恐れられていた

   シャア専用ザクは、79年から80年にかけて放送されたアニメ「機動戦士ガンダム」に登場する。ガンダムに搭乗する主人公アムロ・レイのライバル、シャアの専用機(モビルスーツ)のことで、その全身は赤く塗装されている。シャアはアムロが所属する地球連邦軍と戦うジオン軍のエースパイロット。その卓越した戦い方から「赤い彗星」と恐れられていた。

   壬生町はかつて、バンダイやトミーといった大手おもちゃメーカーの工場が並んでいた。現在も東武鉄道「おもちゃのまち駅」や、町営の「おもちゃ博物館」、バンダイが運営する「バンダイミュージアム」が存在するおもちゃゆかりの地だが、知名度としては、いまひとつだ。

   街興しの進め方を模索するなか、10年12月に行われた町議会で議員から

「実物大のシャア専用ザクを作り、おもちゃのまちをアピールするのはどうか」

といった質問が出た。この段階では提案の一つと受け止められていたが、新聞記事になりネットでは「2ちゃんねる」などで大きな話題に発展。シャアの相変わらずの人気ぶりを確認することとなった。

製作費10億円以上、世界中から協賛や寄付金を募る?

   街興しに真剣に取り組もうと町職員が有志を募集。11年6月に「壬力隊」を立ち上げ、30代前半を中心とした職員30人が集まった。この「壬力隊」の最大の目標が実物大シャア専用ザク作りになっている。ちなみに同町の特産品はイチゴの「とちおとめ」。イチゴの赤と「赤い彗星」という共通点があり、11年7月16日に開催する「東日本大震災被災者支援チャリティー交流会」では、シャア専用ザクをイメージしたイチゴジュースを発売するという。

「シャア専用ザクが完成すればおもちゃのまちのシンボルになる。静岡には実物大ガンダムが存在するため、我々はジオン軍と位置付け街興しを進めたい」

   そう「壬力隊」の高山浩さん(50)は話している。現在は版権を持っている会社との交渉を始めているが、問題となっているのは制作費用。試算してみると10億円は下らないことがわかった。町の財政支出は考えられないため、これからネットを使い世界中から協賛を募ったり寄付を呼び掛けたりする予定だという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中