松本前復興相「自殺未遂?」で一時騒然 事務所「体調不良で入院」と説明

印刷

   松本龍前復興相(60)が入院したことについて、ジャーナリストが「自殺か」とツイッターでつぶやき、一時騒然となった。報道によると、事務所は、体調不良を訴えたため入院していると説明したが、未だに憶測を呼んでいる。

   ツイッターでつぶやいたのは、首相秘書の経験があり、政界に詳しいジャーナリストの田中稔さんだ。

ジャーナリストのつぶやきがきっかけ

つぶやきが波紋
つぶやきが波紋
「【速報】松本龍氏が自殺か。福岡済生会病院に担ぎ込まれている、との情報」

   2011年7月12日未明にこうつぶやくと、ネット上で波紋が広がった。

   松本氏は、被災地の岩手・宮城両県を3日に訪れ、面会した岩手県知事に「知恵を出したところは助けるが、知恵を出さないヤツは助けない」などと発言。また、報道陣にも「書いたら、もうその社は終わりだから」と威嚇し、復興相就任から9日目の5日に引責辞任している。もし自殺だとすると、こうした事態を苦にした可能性があるということらしい。

   ところが、田中さんのつぶやきとほぼ同時に、時事通信などが松本氏入院を速報した。それによると、松本氏は8日に地元・福岡市に戻り、11日になって市内の病院に入院した。地元へのあいさつ回りで疲労が重なったといい、命に別状はないと報じている。

   田中稔さんも、その後すぐにツイッターで続報をつぶやき、「現時点で松本龍氏は生きているとの確認情報。自殺未遂かどうか不明」とトーンを変えた。

一部夕刊紙も自殺説のうわさ報じる

   報道によると、松本龍氏の事務所は2011年7月12日に取材に応じ、松本氏が体調不良を訴えたことから、休養のために入院したと説明した。そして、「深刻な状況ではない」と言っているという。

   とはいえ、状況についての詳細な説明がなかったため、ネット上では、様々な憶測が出ている。一部夕刊紙も、週末に松本氏の自宅前に救急車が駆けつけ、病院に担ぎ込まれたとし、その後、別の病院に転院したと報じた。また、永田町で「睡眠薬を飲んでいたらしい」「自殺なのか」といったうわさが広まったとも伝えている。

   そこで、松本氏の事務所を取材しようとしたが、地元事務所では、何度電話しても「ただいま電話に出ることができません」との録音テープが繰り返されるばかりだった。また、国会事務所に何度電話しても留守電に切り替わり、国会議員の事務所としては異例の電話応対になっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中