「第3のエコカー」開発競争が激化 ダイハツの新型軽「リッター30キロ」

印刷

   ハイブリッド車(HV)でも電気自動車(EV)でもない「第3のエコカー」と呼ばれる低燃費ガソリン車の開発競争が激しくなっている。「スカイアクティブ技術」を搭載したマツダの「新型デミオ」が2011年6月に発売されたばかりだが、ダイハツも新たに開発した「e:Sテクノロジー」(Energy Saving Technology)の技術を搭載した新型軽自動車「イース」をこの9月に投入する。

   「イース」は、燃費を測る新基準の「JC08モード」で1リットルあたり30キロメートルを達成した、ガソリン車で唯一のクルマだ。

低燃費掲げHV車に対抗

「リッター30キロ」の低燃費ガソリン車、ダイハツ「イース」
「リッター30キロ」の低燃費ガソリン車、ダイハツ「イース」

   ガソリン車は「リッター30キロ」の走行距離を競う時代になった。ダイハツの新型軽自動車「イース」は「JC08モード」で実現した。

   「JC08モード」は従来の「10・15モード」より厳しい燃費基準で、省エネ法の改正で2011年4月からカタログ表示に使用されることになった。従来の「10・15モード」が、エンジンが温まった状態で計測したものに対して、「JC08モード」は、エンジンが冷え切った状態からのスタートで計測する値も加えて判断するので、一般的に10~15%程度数値が悪くなるとされる。

   「JC08モード」で「リッター30キロ」を実現しているのは、トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」があるが、ガソリン車では「イース」だけ。マツダの新型デミオ(排気量1300CC)は「10・15モード」ではリッター30キロ走るが、「JC08モード」基準の場合は25キロになる。

   つまり、「イース」はHV車に劣らぬ、低燃費ガソリン車といえるわけだ。

   ダイハツが新たに開発した「e:Sテクノロジー」は、「低燃費」「低価格」「省資源」なクルマづくりの核となる技術として、エンジンとトランスミッション、ボディ構造などの既存の技術に対して、あらゆる面から徹底的なブレイクスルーを行うことでエネルギー効率を最大化。それにより、同社の「ミラ」と比較して約40%の燃費向上を実現した。

   「シェルボディ」による車両の軽量化や、停車前アイドリングストップ機能付きの新「eco‐IDLE」に、エコ発電制御(減速エネルギー回生機能付き)などの技術を搭載したのが特徴だ。

   販売価格も下位モデルで80万円を切る。

震災後の省エネ志向の高まり顕著

   「エコカー」というと、HV車やEV車に目が奪われがちだが、ノルド社会環境研究所の調べでは、低燃費ガソリン車のニーズは少なくないことがわかった。

   同研究所が行った一般生活者1000人への意識・行動調査によると、東日本大震災後に価値観やライフスタイルが「変わった」と答えた人は61.9%いた。

   なかでも震災後の省エネ志向の高まりは顕著で、震災後、省エネを行った人は87.2%。また69.8%の人が「今も行っている」と答えた。「今後行いたい」人も89.3%いる。多くの人が電気代や光熱費の支出を減らし、モノへの消費以上にエネルギーの消費を控える、「低燃費生活」志向が強まっているようすがうかがえる。

   低燃費ガソリン車へのニーズはそういった意識を反映したもので、「乗りなれている」「価格帯が安い」が、さりとて「エコ」も気になる。そんなユーザーのニーズに応えたクルマのようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中