子どもの放射線限度を独自設定 いわき市「超えたら除染」

印刷

   福島県いわき市は、中学生以下の子どもの被曝限度の基準値を毎時0.3マイクロシーベルトに設定、年間の積算線量として1.58ミリシーベルトを基準とすることにした。7月25日、渡辺敬夫市長が発表した。子どもの被曝に不安を感じる市民の声を受けて独自の指針を示した。

   これらの基準をもとに校庭の表土除去などの対策を講じる。対策事業費を含む約121億6200万円の一般会計補正予算案を28日に開く7月臨時議会に提出する。8月上旬にも、学校などに高圧洗浄機が配備されることになっている。

   国の原子力安全委員会が示した事故収束後の被曝基準「年間1~20ミリシーベルト」の最小値の「年間1ミリシーベルト」を基準として採用。文部科学省が示した「年間20ミリシーベルト相当なら毎時3.8マイクロシーベルト」の算出方法を準用して、まず時間当たり0.19マイクロシーベルトとした。これに自然にある放射線量毎時0.11マイクロシーベルトを加えて、目標水準の毎時0.3マイクロシーベルトを導いたという。

   子どもたちが、屋外で8時間、屋内で16時間を過ごすとして計算しており、この目標水準を年間に換算すると1.58ミリシーベルトになる。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中