ノルウェーテロ犯の入る刑務所はホテル並み?

印刷

   ノルウェーで2011年7月22日に起きた爆弾と銃乱射による連続テロで、勾留が続いているアンネシュ・ブレイビク容疑者。米タイム誌(電子版)は、ノルウェー国内で最もセキュリティーの厳しい刑務所を写真で紹介し、「ここにブレイビク容疑者が入ることになるかもしれない」としている。

   タイムはこの刑務所を「快適でモダンなつくりの施設」と説明。ビジネスホテルのシングルルームのように、ベッドや机、薄型テレビも完備した部屋やキッチンスペース、鉄格子のない窓といった設備を紹介した。運動するための体育館にはロッククライミングができ、さらに所内には音楽スタジオまで備えていることが、写真からうかがえる。敷地の周りが高さ6メートルの壁で囲まれていることを除けば、一見刑務所とは思えないつくりだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中