アインシュタイン伝記本回収 機械翻訳使いひどい訳になった?

印刷

   2011年6月に発売された、物理学者、アインシュタインの伝記本の翻訳が「あまりにもひどい」と指摘され、回収までされる騒ぎになった。文章が理解不能な部分もあり、ネットの機械翻訳を使ったのではないかという疑惑も出て、ネット上で大きな話題となっている。

   「アインシュタイン その生涯と宇宙」(ウォルター・アイザックソン著)という本で、出版社は翻訳本を数多く出している武田ランダムハウスジャパン。

「パレードは200台の酔っぱらっていて旗の包茎の車を含んでいた」

アマゾンレビューページ
アマゾンレビューページ

   6月23日に上下巻それぞれ2100円で発売されたのだが、アマゾンのレビュー欄で下巻がボロクソに言われている。

   レビュー4つ中3つが最低の5点中1点。「翻訳が凄ことになっている」といい、「数数千が、訪問代表団と会合するためにユニオン列車車庫に群がった、そして、パレードは200台の酔っぱらっていて旗の包茎の車を含んでいた」という文章まであるのだという。日本語として理解不能だ。

   同社は、7月1日付けでHPにお詫び文を掲載。下巻の一部に「校正・校閲の不十分な箇所」があったとし「読者の皆様には多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫びいたします」と謝罪。下巻を回収するとともに修正版を編集中だとした。

   一体何があったのか。7月14日に、この上巻の翻訳者を名乗るユーザーから「訳者からの事情のご説明」というタイトルでアマゾンにレビューが書き込まれた。

   下巻には、「ボルンの妻ヘートヴィヒに最大限にしてください」という文があるが、これは物理学者Max Born(マックス・ボルン)の「Max」を動詞として誤って訳していると指摘。「プランクはいすにいた」という文についても、「原文を読むと、プランクは議長を務めたということだと思います。これらは明らかに、人間の訳したものではなく、機械翻訳です」としている。

編集部「誤って校了前の文章を載せてしまった」

   この訳者が確認したところ、下巻の一部の翻訳は編集部が「科学系某翻訳グループ」に依頼。しかし、上がってきた翻訳があまりにひどく、編集部が独自に修正を行ったものの、一部が期日に間に合わず、そのまま「独断で出版したらしいです」と書いている。

   この翻訳はネット上で話題になり、「修士でもこれよりマシな訳をするわ」「逆に読みたい」といった書き込みが寄せられた。英語の原文を、大手ポータルサイトが提供している翻訳ソフトを通すと本書の訳文と一緒になるということも指摘された。

   武田ランダムハウスジャパンの編集部の担当者は、

「ページ数が同じだったこともあり、誤って校了前の文章を載せてしまった。訳者が訳したので機械翻訳かどうかは分かりませんが、訳が悪かったのは確か。現在までにほぼ全てを回収しました。訳を修正し、監修者にチェックしてもらったものを8月中旬に出す予定です」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中